企業で旅行するなら

席を案内する

団体旅行とは、大人数で行く旅行のことです。主に企業が社員旅行や慰安旅行、合宿や研修などで用いています。団体旅行の利点は少人数でいくよりも安い価格でさまざまな観光やレジャーを利用することができ、同時に選択肢も豊富に広がるということです。人数によってはフェリーなどの乗り物を貸し切りこともできるので他の旅行者に気を使わずにのびのびと満喫することができるいった楽しみ方もあります。しかし、団体旅行では多くの人が参加することから集団行動の難しさや、きっちりとした計画を立てる必要があるなど難点がいくつかあります。特に幹事を任された人は旅行の計画から当日の仕切りまで気が抜けません。さらに予算が予め決まっている場合は、予算内で満足のいく旅行を計画しなくてはいけません。自分だけの好みで決めるのではなく、参加する人たちのニーズに合わせたプランを組む必要があり、計画ひとつにしても難しいといえます。そんな団体旅行に適しているのが各旅行会社が提供している団体旅行向けのツアーやプランです。

大人向けの旅行が目的という人たちに適しているのが知的好奇心をくずぐる社会科見学や博物館などの観光・散策ツアーです。社員同士の親睦を深めたいなど体験型のものが良いという人はフルーツ狩りやお酒の試飲が楽しめるツアーが最適です。年に一度の慰安旅行では、温泉旅行が根強い人気を誇っています。その中でも男性はコンパニオン付きの宴会が、女性はエステやマッサージが受けられるものが人気です。参加者の中には子どもも連れてくるという人が多い場合は、子どもといっしょに楽しめるツアーが適切です。参加者の意見や目的を考慮しどのツアーやプランにするか選択する必要があります。企業によってはこのように社員以外にも家族みんなのことを考えているところがあります。その代表が事業所内保育所です。安心して働くことができ、仕事の効率も上がるといったメリットがあります。

  • 仕事をするにあたり

    小さな子どもを持つ親御さんが外で働く際、浮上する問題点が子どもの預け先です。現在ではさまざまな事業所が事業所内保育を設けています。そのため、安心して仕事に専念することができます。

    Read more
  • 働く女性の味方

    女性の社会進出が進んでいる現代でも保育園の確保は難しいといえます。しかし、事業所内保育なら仕事をしている時間内は預けることができるので急に仕事が伸びたときでも安心です。

    Read more
  • 企業に子どもを預ける

    企業内保育なら女性が働きながら安心して子どもを預けることができます。女性以外にも片親の男性も仕事に専念できます。会社側としても多くのメリットがあるため、企業内保育を設置するところが増えています。

    Read more
  • 企業内に設ける利点

    企業内保育にはさまざまなメリットがあります。同じ敷地内、もしくはすぐ近くで子どもを預かってもらうことができるので急な発熱などのトラブルにすぐに対応できます。働く側も仕事に専念できます。

    Read more